コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JTC 日本交通技術株式会社

ホーム > 会社情報 > 代表挨拶

会社情報

代表挨拶

ご挨拶 代表取締役社長 舘山 勝

tateyama.jpg

令和3年3月

 弊社は、わが国において建設コンサルタント業が黎明期であった1958年8月に、後に第七代国鉄総裁に就任した藤井松太郎氏が、今後の日本の経済発展の基盤となる交通基盤整備にはコンサルタントの設立が重要と考え、長年の経験を生かして日進月歩の鉄道技術の研鑽を遂げ、以って国内・外の鉄道技術への要求に応えるべく設立致しました。

 以来、一貫して鉄道に精通したコンサルタントとして実績を積み重ね、本年、創立63年を迎えました。この間、全国新幹線鉄道網の整備、鉄道高架化事業、複線化、新線建設、地下鉄整備、超電導浮上式鉄道、駅設備改良等、鉄道における調査、計画、設計業務に参画し、鉄道・運輸機構、JR各社、民鉄各社をはじめとする顧客の皆様に対し、高品質なサービスと成果品を提供して参りました。また、海外におけるプロジェクトにも参加し、日本で培った技術力と経験を活かしてインフラの整備、向上に貢献して参りました。

 現在の建設業界を取り巻く国内の環境は、コロナ禍の影響が見通せない中で、新規の鉄道インフラ整備については減少傾向が続くものと予想されます。一方、我が国の交通インフラは高度成長期に集中的に整備され、老朽化が急速に進展しております。また、気象災害の激甚化、切迫する大地震への対応も求められており、国土強靭化計画に基づくこれらへの対応が喫緊の課題となっております。

 弊社は長年の交通基盤整備に関する業務経験を基に、より一層、技術力を向上するとともに、デジタルトランスフォーメーション(DX)など変革への対応を進め、あるべき国土基盤と、人と自然とが共生する豊かな社会の実現に向け、交通基盤整備に関するコンサルティングサービスを誠実に提供します。また、引き続き顧客の皆様に満足していただける高品質な成果品とコンサルティングサービスを提供するため、社員一同努力する所存でございます。今後とも皆様方のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。